未分類

「とにかく早くニキビ跡を治したい!」

そんな人にオススメなのが、コットンパックを使ったベルブランの使い方です。

ベルブランはブースター型導入液と呼ばれる種類の美容液で、いかにベルブラン、そしてその後に使用する化粧水を肌に浸透させることができるかがポイントになってきます。

この記事ではベルブランのより効果的に浸透させることが出来るコットンパックを使った使い方について紹介していきたいと思います。

コットンパックを使ったベルブランの使い方

ベルブランの基本的な使い方にコットンパックを付け足すだけで効果的に浸透させることが出来ます。

使い方は簡単で、

  1. コットンに精製水を染み込ませる
  2. ベルブランを染み込ませる
  3. コットンを肌に乗せて3分間パック

この3ステップで浸透させることが出来ます。

 

コットンパックは公式サイトでも推薦されている使い方です。

  • 朝と夜にはコットンパックを使わない通常のケア
  • 2日に1回の夜にはコットンパックを使ったケア

これをベルブランを使い始めてから2習慣継続することにより、より早く効果的にベルブランを浸透させることが出来、効果を実感する期間が早くなるかと思います。

  • 肌荒れしている
  • 肌の調子が悪い

といった場合でもコットンパックを使ったベルブランの浸透方法をすることにより症状が収まることもあります。

注意点としましてはコットンには必ず精製水を使用して下さい。精製水は不純物が含まれていないため、ニキビ跡やニキビのある肌に刺激が少なく安心して浸透させることが出来ます。

 

その他の効果的な使い方

http://hiro-corpo.net/users/detail.asp?pn=000000024169

その他のベルブランの浸透方法としましては、「イオン導入器」や「エレクトロポレーション美顔器」で浸透させるのもいいでしょう。

イオン導入器とはイオンの効果により美容成分を肌の奥深くまで浸透させることができる美容機器です。

  • シミ
  • くすみ
  • そばかす
  • ニキビ跡

などといった肌のテクスチャ改善に期待ができます。イオン導入を使う際の注意すべきポイントとして、肌の奥深くまで浸透しても大丈夫な成分で作られている美容液かを確認する必要があります。

ベルブランは香料や保存料などは一切含まれていない無添加美容液ですので、肌の奥深く(角層)まで浸透させても肌荒れを起こす心配は低いです。

 

人間の肌にはバリア機能が備わっており、美容成分の入っている美容液をいくら使ってもなかなか肌の奥まで浸透しないと悩まされるでしょう。

しかしイオン導入器の「イオンの力」を使うことにより、肌のバリア機能を突破して浸透させることが出来ます。

このイオン導入器を使うか否かで40倍もの浸透効果に違いが出てくるとされていますので、係止するかしないかはアナタ次第ですね。

 

まとめ

ベルブランを効果的に浸透させる方法をまとめると

  • 朝と夜にはコットンパックを使わない通常のケアが良い
  • 2日に1回の夜にはコットンパックを使ったケアが良い
  • イオン導入器を持っているなら使った方が効果的(40倍の効果の差)

といった内容でした。

イオン導入器は少し高い美容機器ですのであれば使ったほうが良いといった程度で考えておくのが良いかもしれません。

しかし、

  • コットンパックを使った使い方
  • イオン導入を使ったやり方

これら両方を使うことによって効果的にベルブランを浸透させることができます

基本的なベルブランの使い方についてはこちらの記事をご覧ください↓

ベルブランの使い方&やってはいけない使い方

ベルブランの使い方

この記事ではベルブランクレーターへの使い方を紹介しています。

クレーターのニキビ跡って嫌ですよね。

  • 肌がボコボコしているので光の影が出来てしまう
  • 鏡で自分の顔を見るのも嫌

そんな悩みは多いのではないでしょうか?

クレーター状のニキビ跡は通常のニキビ跡と比べて治る期間が遅くはなりますが、しっかりと継続することでクレーター状のニキビ跡にアプローチすることが出来ます。

ベルブランはニキビ跡の改善に効果はある?

ベルブランは

  • ニキビが直った跡のシミ・黒ずみ対策
  • 出来てしまったニキビ跡の改善

といった事ができる美容液ですが、ニキビ跡といっても様々なニキビ跡があります。

赤ニキビ跡 炎症が悪化し、表皮や真皮の層がダメージを受けたことにより、皮膚の下にある血管な筋肉が透けて見えてしまったニキビ跡です。
色素沈着したニキビ跡 ヘモグロビンによる色素沈着により、メラニン色素による茶色いシミのような跡として残ったニキビ跡です。
クレーター状のニキビ跡 赤ニキビから化膿ニキビに悪化し、傷が真皮まで到達したのち真皮組織が破壊された状態です。破壊された真皮が修復された場所とされない場所ができた為、肌の凹凸として現れます。
しこり状のニキビ跡 ニキビによる化膿が皮膚の奥深くまで到達し、肌の以上発生が起こり、しこりとして残るニキビ跡です。
ケロイド状のニキビ跡 ニキビが同じ箇所で多数できた為に、何度も化膿して皮膚が盛り上がりニキビ跡となった状態です。

これら全てのニキビ跡にベルブランは効果があるのでしょうか?

今回はクレーターニキビ跡へのベルブランの効果について紹介します。

 

結論から言うと、クレーターニキビ跡を見立たなくさせることができます

 

クレーターのニキビ跡を根本的に改善することはできません。

ベルブランはクレーターニキビ跡の凹凸を、フルーツエキスやコラーゲンで肌をふっくらさせて目立たなくさせることが出来ます。そしてグリチルリチン酸2Kで肌を滑らかにする効果に期待ができます。

ここでこんな事を思うでしょう。

「完全に治らないならベルブランはいいや」

残念ながらベルブラン以外でもクレーターニキビ跡を改善する美容液・化粧水というのは販売されていません。では他にどんな方法があるのかといいますと、皮膚科などの専門の医療機関での治療となってしまうのです。

しかしこのような専門の機関というのは治療費がとてつもなく高く、何十万といったお金が必要になってきます。そしてクレーターニキビ跡の治療は医師でも難しいものとされており、綺麗に治らないといったこともあるそうです。

何十万といったお金を払って完全に治らない可能性

この事実があるからこそ、まずは自宅でケアできるベルブランをおすすめしています。

(クレーターニキビ跡が治る期間としましては、皮膚科にいっても自宅でケアをしても基本的には変わりません。)

 

クレーターニキビ跡へのベルブランの使い方

では具体的にベルブランでどのようにしてクレーターニキビ跡を改善していくのでしょうか?

先程のクレーターニキビ跡の紹介で「破壊された真皮が修復された場所とされない場所ができた為、肌の凹凸として現れます。」と紹介しました。

あなたのニキビはなぜクレーターニキビ跡として残ってしまったのかといいますと、ターンオーバーが乱れて正常に完治出来なくなってしまったからです。

ニキビができると人間の皮膚のターンオーバー機能により皮膚が生まれ変わります。しかしストレスや食生活が乱れているとターンオーバーも乱れてしまいます。

それにより、破壊された真皮が修復された場所とされない場所ができてしまい肌の凹凸として残ってしまい、クレーターとして残ってしまうのです。

つまり、ターンオーバーを改善することがベルブランでクレーターニキビ跡を改善するための最短の方法となります。

 


ニキビの症状が違ってもベルブランの使い方としましては基本的に同じですのでこちらをご覧ください。

ベルブランの使い方&やってはいけない使い方


 

ここではターンオーバーを改善してクレーターニキビを改善する方法を紹介していきます。

まず初めに生活習慣でターンオーバーを改善をしましょう。日頃の洗顔や保湿ケア、規則正しい生活をしていくことでターンオーバーを正常にすることが出来ます。

また、食事でもターンオーバーを改善する事ができます。あなたの肌の作るのはあなたが普段食べているものです。普段の食事を見直すことで肌の質が良くなります。肌の細胞を作るタンパク質を積極的に摂取しましょう。

 

効果が出るのはどのくらいの期間がかかるの?

通常のニキビ跡に比べて治りにくりのがクレーター状のニキビ跡です。(通常のニキビ跡であっても即効性はありません)

ベルブランでクレーターが目立たなくなるとされているのは約3ヶ月です。(これはクレーター跡の症状によっても異なります)

3ヶ月間毎日ベルブランを使うことによって凹凸のクレーター跡が目立たない肌を手に入れることが出来るかと思います。

 

まとめ

最後にベルブランのクレーターニキビ跡への使い方をまとめると

  • ベルブランではクレーターニキビ跡を目立たせなくさせることが出来る。
  • 皮膚科などでは高額な上、失敗する可能性がある。
  • クレーターニキビ跡はターンオーバーの乱れが原因でできたのでターンオーバーを改善する必要がある。
  • 生活習慣や食事でターンオーバーを改善することが出来る
  • ベルブランでクレーターニキビ跡を治すには最低3ヶ月はかかる

といった内容でした。

最後に…皮膚科などでの治療の特徴(↓)

  • 1年近く通う必要がある
  • 何十万といった治療費が必要
  • 綺麗に仕上がらない可能性

 

ベルブランを正しい使い方をすれば、皮膚科など行かなくてもクレーターニキビは目立たなくなっていくかと思いますよ!

ベルブランの使い方&やってはいけない使い方

未分類

ベルブランはブースター型導入液という化粧品で、ベルブランを使った後の化粧水の浸透を良くする効果があります。

具体的な成分のお話をすると、ベルブランの「油溶性甘草エキス」という成分が初めに肌の浸透していくことで、その他の美容成分の浸透効果を高めています。

浸透がしやすくなった肌に化粧水を使用するのが一般的なベルブランの使い方なのですが、

  • 化粧水ってどんなものがいいの?
  • どうやって化粧水を選べば良いんだろう?

などといった疑問があるかと思います。

この記事ではベルブランと併用する化粧水の選び方について紹介していきます。

 

ベルブランの化粧水の選び方

ベルブランの化粧水の選び方としましては、刺激性がある成分が含まれている化粧水は避けるようにしましょう。

刺激性の成分とはエタノールです。(アルコールとも言います)エタノールはニキビとの相性が悪く、ニキビにとって刺激成分となってしまいます。その他、エタノールは蒸発力がありますので、肌に触れてしまうと、肌の水分と一緒に蒸発してしまい、肌が乾燥してしまいます。

私自身アルバイト中で触った除菌用のアルコールスプレーを手に掛けた後、肌がひどくカサカサになり、手の水分が一緒に蒸発したことを文字通り肌で実感したことがあります。

ニキビやニキビ跡にとって乾燥は大敵ですので、エタノールが含まれている化粧水は使用しないようにしましょう。

 

そしてビタミンC誘導体が含まれている化粧水を選ぶといいでしょう。

ビタミンC誘導体の効果としましては、

  • ニキビのケア
  • 肌のコラーゲンの生成
  • ターンオーバーを最適化
  • 美白効果やシミの予防
  • 毛穴を目立たなくさせる
  • ハリを与えて小じわを防ぐ

といった効果が期待できます。

実はビタミンC誘導体はベルブランに含まれているのですが、化粧水にも配合されているものを使うことで更にベルブランの効果を高めることが出来るかと思います。

しかいこのビタミンC誘導体も高濃度だと肌に刺激や乾燥を招くこともあります。大体5~10%位配合されている化粧水を選んでください。

※化粧水の中でも人気なハトムギ化粧水はビタミンC誘導体は配合されていませんのでご注意下さい。

※ビタミンC誘導体はビタミンCとは別物です。8倍の効果の差がありますので必ずビタミンC誘導体が含まれている化粧水を選んで下さい。

肌別に化粧水の選び方を紹介しますと、

  • 敏感肌・・・保湿成分が含まれている化粧水を選んで下さい。
  • 脂性肌・・・油分が少ない化粧水を選んで下さい。

この様な感じになるかと思います。

ベルブランの使い方に付いてはこちらをご覧ください。

ベルブランの正しい使い方&やってはいけない使い方

未分類

ベルブランはニキビ跡を治す美容液として、ネット通販で人気な商品となっていますが、ベルブランの使い方には少しクセがあることをご存知でしょうか?

ベルブランはブースター型導入液と呼ばれる種類の美容液で、通所の美容液とは少し使い方が異なります

この記事では、

  • ベルブランの正しい使い方
  • やってはいけない使い方

を紹介していきます。

 

ベルブランのやってはいけない使い方

まず初めにやってはいけない使い方です。

ベルブランの口コミを見ていると、ニキビ跡を治したくてベルブランを使い始めたのに

  • 逆にニキビが増えた
  • 肌荒れがした
  • 肌が痒くなった

といった悪い口コミが多く目立っていました。

 

ベルブランの悪い口コミはこちら↓

【ベルブランの口コミ】ステマ問題と効果がないという悪評の真実…

 

普通このような症状が自分でも出てきたら、ベルブランを使うのをやめてしまいますよね?

でもそれってやってはいけない使い方なんです!

ニキビ跡を治すのにニキビが増えた→使用を中止→肌に合わなかったんだろうな

このように考えるのが普通だと思いますが、そうではありません。ニキビが増えた・肌荒れがした・肌が痒くなったといった症状は肌に良い状態なんです。

このような症状は「抗体反応」と「好転反応」によって起こる症状で、肌がベルブランの効果を感じているという証でもあります。

抗体反応を簡単に解説すると、肌に触れたことがない成分が肌に触れた時に反射反応として肌荒れが起こる症状です。使い続けることによってこの症状は自然と治っていくことが殆どです。

好転反応を簡単に解説すると、体や皮膚に溜まった有害な毒素を体の外へ排出しニキビなどが出る症状です。ニキビは元々は悪い症状ではなく、いい反応とされています。

これはベルブランだけでなく、どの美容液・化粧水でも当てはまる症状です。肌荒れがしたからといってベルブランを使うのを辞めてしまうのは勿体無い使い方です。

肌荒れがしても毎日継続して使うことによってニキビ跡やニキビにも効果が期待できます。

ベルブランの正しい使い方

次にベルブランの正しい使い方についてです。

ベルブランは「ブースター型導入液」と呼ばれる美容液の種類です。ブースター型導入液を簡単に解説すると、後から使用する化粧水の浸透を良くする美容液ということです。

つまり…

化粧水の前に使用しなくてはいけません。(でないとベルブランを使う意味がありません。)

では具体的なベルブランの使い方を紹介します。

1.洗顔

まずはじめにやらなければいけないのが洗顔です。

そもそもニキビ跡を治す上で洗顔は絶対必用なものなのですが、事前に洗顔をしてメイクや皮脂汚れを落としておかないとベルブランの浸透を妨げる要因となってしまいます。

2.ベルブランを浸透

ベルブランを4~5プッシュ程度手に取り出し、肌に塗り込みます。繰り返しますが、化粧水の前に使用して下さい。

 

3.化粧水でケア

化粧水や美容液を使ってお肌のケアをします。

 

4.乳液やクリームでケア

最後に乳液やクリームで保湿し、肌の乾燥を防ぐことも重要です。乳液やクリームをしなければ塗ったベルブランが蒸発して効果的に浸透しなくなってしまいます。