ベルブランの使い方|化粧水や乳液は必要なの?

ベルブランはニキビ跡のシミを改善する効果に期待ができる美容液です。

ニキビやニキビ跡を改善するには、理由としてはターンオーバーの整えることから「保湿」が需要になってきます。

そんなニキビ跡と切っても切れない関係がある保湿なのですが、ベルブランの保湿効果はどれほどなのでしょうか?

  • ベルブランを使うときは化粧水乳液は必要なの?

といった事が気になるかと思いますので、ベルブランの保湿効果と正しい使い方を紹介していきたいと思います。

 

ベルブランの保湿成分

ベルブランはニキビ跡専用の美容液だけあり、高品質な保湿成分を多数配合していました。一般的な美容液や化粧水では使われていないような保湿成分も配合しています。

ベルブランに配合されている保湿成分が以下通りです。

  • セラミド3
  • トリプルヒアルロン酸
  • エクトイン
  • コラーゲン

このように見てみるとベルブランでも十分保湿効果を発揮できると言えるでしょう。

 

ベルブラン以外の保湿も重要

ベルブランはニキビ跡専用の美容液だけあり保湿効果に優れていましたが、ベルブラン1本だけで保湿を完了させるのはよろしくないかもしれません。

なぜベルブラン以外の保湿も必要になっているかと言いますと、ベルブランの保湿効果はニキビ跡を改善させるための保湿であり肌を保湿するためのものでないからです。

敏感肌や乾燥肌の方はベルブランだけでなく、化粧水や乳液やクリームなどで保湿をした方が良いでしょう。

逆に脂性肌の方はベルブラン1本の保湿のみで満足かもしれません。

 

ベルブランと乳液やクリームを使う手順

乳液やクリームで保湿をする際は、ベルブランを使った後の最後に使用してください。

  1. 洗顔
  2. ベルブラン
  3. 化粧水
  4. 乳液&クリーム

といった流れになります。

>>ベルブランの使い方&やってはいけない使い方

 

まとめ

保湿をせずに肌が乾燥してしまうと、ニキビ跡が改善できないだけでなく、ニキビ跡やニキビを悪化させてしまうこともありますので注意が必要です。

  • 敏感肌や乾燥肌:乳液やクリームなどの保湿が必要
  • 脂性肌:ベルブランだけの保湿で良いかも

とったイメージになります。

ですが、ベルブラン単体でも保湿効果に満足している人が多かったのも事実です。

  • 肌が柔らかくなった
  • 肌のごわつきがなくなった
  • すべすべになった
  • ベルブランは保湿効果が凄い

といった口コミも見られますので、実際に使って見ないと分からない部分でもあります。

ベルブランは公式サイトでは60日間の全額返金保証が付きますので、もしもの時があった場合も安心です。